お金を信用取引はセット

お金を有効活用できる信用取引

信用取引口座を利用すれば、現物株を取引する場合と比べて資金効率が約3倍になるというメリットがあります。これは、証券会社に預けるお金を担保にして、預けたお金の3倍の金額を証券会社から借りて株式を売買できるという仕組みになっており、少ない資金でも大きな利益が狙えるようになるのです。
一般的な信用口座は、30万円以上預ける必要がありますが、30万円という資金でも、3倍の90万円まで取引できるようになりますので、資金効率がそれだけアップすることになります。お金を貯めるにはお金に働いてもらうという考え方が重要となりますので、現物株で利益が得られるようになれは、信用取引にチャレンジしてみるのも、効率を上げるには良い方法だと言えます。

預金残高も余力として使える信用取引

信用取引においては、証券会社に預けたお金の3倍まで取引余力として使えますが、証券会社によっては、連動するネットバンクを利用すると、さらに資金効率をアップさせる方法があります。証券会社と同じグループ会社であるネットバンキングサービスを利用していると、ネットバンキングに預けているお金も、信用取引の余力として使えるというサービスがあり、証券口座に入金していなくても、銀行口座のお金を担保に株式のトレードが可能になるのです。
基本的に投資は余裕資金から行うことがセオリーですが、持っているお金を有効活用するには、こうした銀行との連動サービスをうまく利用して、投資成績を上げるということも、重要になってきます。