失った信用を回復

まずは資産を持つ事が大切

信用取引で失った信頼を回復するためには、まずは自分が資産を持っている事が第一の条件となります。信用を相手に対して証明するためには、自分が現金と言う形で資産を持っている事が大切だからです。
相手に対して自分の資産がどれほどあるかを客観的に証明してくれる指標としては、現金や小切手などを利用すると便利でしょう。現金を所持している事によって、いつでもすぐに現金払いをする事ができるという事を相手に合理的に証明する事ができます。更にすぐに現金化をする事の出来る小切手を所持している事によって、支払い能力が高い事も同時に証明する事が出来るようになります。まずは自分がいつでも使う事の出来るお金を相手に見せる事が信用を回復させるための最初の方法です。

取引の回数で信頼を回復しよう

信用取引で失ってしまった信頼を取り戻すためには、二度と取引で失敗をしないという事が最も大切です。今までに大きな取引の経験があり、その大きな取引で失敗してしまったという経験がある人には信用が無くなってしまっている事が多いと言えます。そういう人は、まずは小さな取引を何度も重ねる事により、徐々に失った信頼を回復するように努めることが大切です。
どんなに小さな取引であっても、しっかりとお金を返済してきたという実績を多数残す事に成功すれば、自然と大きな金額の取引をする事ができるようになります。利益が出たときであっても、損失が出たときであっても、しっかりと相手にお金を返済していく事ができればさらに大きな取引が出来るようになるのです。